受験百景(予備校講師のブログ)

英語や数学や国語を教えています。「受験」や「入試問題」に関係する話、日々の雑感を様々な視点から書きます。備忘録も兼ねていますので、くだらない話もあるかもしれません。「鉄道」と「投資」にも興味があります。

著者本人にこのブログを見ていただきました

 

先日、以下の記事を書きました。

 

jukenn.hatenablog.jp

 

 

この中で、伊藤亜紗さんの『目の見えない人は世界をどう見ているのか』光文社新書)を取り上げましたが、なんと著者本人のもとに届いたようです!

 

 

 

 

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』は中学入試でも流行しているようで、

・2016年 愛光中学校

・2016年 佼成学園中学校 

・2016年 巣鴨中学校

・2016年 青雲中学校

・2016年 ラ・サール中学校

・2017年 甲陽学院中学校

・2019年 南山中学校

・2020年 栄光学園中学校

でも出題されています。

 

また、2020年筑波大学附属駒場中学校では、伊藤亜紗さんの「ゼロと寿司」というエッセイが出題されています。

 

こちらは飛ぶ教室 第58号」光村図書出版)という雑誌で読むことができるようです。

 

 

 

 早速、購入しました。

 

 

 

大学入試では、医療系で特に流行しています。

・2016年 大阪府立大学・地域保健学域看護学類(前期)

・2017年 獨協医科大学・医学部医学科

・2017年 高知県立大学社会福祉学部(前期)

・2018年 奈良県立医科大学・医学部看護学科(前期 / 地域枠)

・2018年 富山大学・医学部看護学科(後期)

・2020年 茨城キリスト教大学看護学部看護学科(AO)

で出題されています。(他学部など含めるとこれらの大学以外も多数あります)

 

 

 

 

これはすごい。

 

中学校の先生、高校の先生、大学の先生、すべての層の出題者に魅力的な文章だということです。

 

伊藤亜紗さんの文章は、受験生、指導者、出題者の全員に参考になるでしょう。

 

積極的に読んでいきます。受験業界でも注目の著者です。