受験百景(予備校講師のブログ)

英語や数学や国語を教えています。「受験」や「入試問題」に関係する話、日々の雑感を様々な視点から書きます。備忘録も兼ねていますので、くだらない話もあるかもしれません。「鉄道」と「投資」にも興味があります。

入試問題鑑賞「ブタの貯金箱」

2019年 群馬県公立高校入試(後期選抜)数学 大問3です。

 

 


f:id:jukenn:20191030004050j:plain

 

 上のような貯金箱に、100円硬貨3枚と500円硬貨1枚を月に1回ずつ貯金することにした。この貯金をしばらく続けた後、貯金箱の重さを量ったところ、全体の重さは571ℊであった。このとき、貯金箱の中にある硬貨の合計金額を求めなさい。

 ただし、100円硬貨1枚の重さを4.8ℊ、500円硬貨1枚の重さを7ℊとする。また、貯金箱にはもともと硬貨が入っていなかったものとし、貯金箱そのものの重さを250ℊとする。


 

 

独立行政法人造幣局によると、各硬貨の重さは以下の通りです。

500円:7ℊ

100円:4.8ℊ

50円:4ℊ

10円:4.5ℊ

5円:3.75ℊ

1円:1ℊ

参考:「 造幣局 現在製造している貨幣」

https://www.mint.go.jp/operations/production/operations_coin_presently-minted.html

 

 

現実に即した設定になっているところに好感が持てます。

 

問題は以下のページで閲覧できます。

http://www.nc.gunma-boe.gsn.ed.jp/?page_id=721