受験百景(予備校講師のブログ)

英語や数学や国語を教えています。「受験」や「入試問題」に関係する話、日々の雑感を様々な視点から書きます。備忘録も兼ねていますので、くだらない話もあるかもしれません。「鉄道」と「投資」にも興味があります。

2020年東大合格者数ランキング(1位~10位)速報値を見た雑感

 

2020年3月10日(火)に東大入試の合格発表があり、各高校から何人の合格者がいるのか、集計が始まっています。

 

速報値ですが、ランキングを見た感想を書いていきます。今回は1位~10位を取り上げます。

 

以下のwebページを参考にしています。

www.inter-edu.com

 

 

 

第1位 開成高校 181名

直近3年間で、175→187→181と推移し、39年連続1位です!

これは上位の高校に言えることですが、学校ではあまり受験対策をしないようなので、鉄緑会など塾や予備校のおかげとも言えます。

しかし、様々な学校がある首都圏で、これだけの合格者を輩出するための基礎となる東大志望者を集めているのがすごい。

 

 

第2位 桜蔭高校 85名

昨年66名だったので、大きく伸びています。

医学部志望者も多いと思うので、「東大」と「医学部」のどちらの志望者が多い学年なのかで変動するのでしょう。

 

 

第3位 灘高校 79名

文二(4名)、文三(3名)、理二(10名)が少ない中で、これだけの数字を出しているのがすごい。

理三14名は、いつも通り全国1位か。(筑駒が未発表)

 

 

第4位 渋谷教育学園幕張高校 74名

78→48→72→74と推移している。2018年は48名と落ち込んだが、70以上で安定している。成功した学校である。

 

 

第5位 聖光学院高校 62名

昨年が93名だっただけに少なく見えてしまうが、栄光学園と生徒を取り合っていることを考えると62名はすごい。

 

 

第5位 駒場東邦高校 62名

51→47→61→62と推移している。事務次官刺殺事件の息子が駒場東邦でいじめにあっていた、教諭のセクハラやパワハラ、集団万引きなど様々な問題を起こしているが、復活してきているか。

 

 

第7位 麻布高校 60名

78→98→100→60と推移している。今年はかなり少ない印象。どうした。

花火で火遊びをしているからか

 

 

第8位 海城高校 59名

昨年が46名だったので、かなり増えた。高校入試を廃止してからうまくいっている印象。

 

 

第9位 栄光学園高校 56名

聖光学院に勝てなくなってきた…

 

 

第10位 西大和学園高校 53名

近年、トップ10では見ない。京大も52名出している中で、この順位はすごいぞ。

 

 

発表されていない学校もありますし、集計が進むにつれて多少数字が変わることもあるでしょう。

 

 

 

 

〈おまけ〉 

20年前(2000年)の東大合格者数ランキングは以下のようになっています。

 

第1位 開成 166名

第2位 灘 103名

第3位 筑波大附属駒場 97名

第4位 麻布 91名

第5位 東京学芸大附属 86名

第6位 桜蔭 74名

第7位 ラ・サール 73名

第8位 桐蔭学園 58名

第9位 海城 57名

第9位 洛南 57名

 

東京学芸大附属、桐蔭学園は2020年には大きく凋落しています…

 

 

 

 

1990年のランキングはこんな感じです。

 

第1位 開成 155名

第2位 灘 123名

第3位 桐蔭学園 102名

第4位 東京学芸大附属 100名

第5位 筑波大附属駒場 95名

第6位 麻布 88名

第7位 栄光学園 67名

第8位 武蔵 65名

第9位 ラ・サール 64名

第10位  県立千葉 62名

 

桐蔭学園東京学芸大附属、武蔵、ラ・サールがまだ生きている…

トップ10に公立高校が入っている!

 

 

 

11位以下の学校も次回取り上げる予定です。

 

 

東大合格者数ランキング関連では、こちらの本が詳しくて面白いです。

中古しかないですが、今なら安い!