受験百景(予備校講師のブログ)

英語や数学や国語を教えています。「受験」や「入試問題」に関係する話、日々の雑感を様々な視点から書きます。備忘録も兼ねていますので、くだらない話もあるかもしれません。「鉄道」と「投資」にも興味があります。

韓国人受験生の評定平均値、おかしくない?(岡山理科大獣医学部「不正入試」疑惑の件)

 

f:id:jukenn:20200305003736j:plain

岡山理科大も使用したフリー素材のネコ

 

 

 

次のようなニュースが流れてきました。

『韓国人受験生を全員不合格 加計学園獣医学部に「不正入試」疑惑』

bunshun.jp

 

加計学園岡山理科大学獣医学部獣医学科)の入試で不正が疑われているというものです。2019年11月16日の推薦入試で韓国人受験生全員の面接試験の点数が0点とされていたようです。

 

複数の職員が、証拠を提示しているとのことで、上の記事の中でその資料が掲載されています。

 

該当の部分を引用させていただきます。

出身県名 数学 英語 面接 合計 合否
外国 37 40 0 112 不合格
外国 47 38 0 120 不合格
外国 25 38 0 98 不合格
外国 40 37 0 112 不合格
外国 22 42 0 99 不合格
外国 46 47 0 128 不合格
外国 40 45 0 120 不合格
外国     0   不合格

 

一番下の受験生はおそらく未受験でしょう。  

 

配点は、数学50点、英語50点、面接50点、評点平均値50点のようです。

 

資料には、評定平均値が掲載されていませんでしたが、合計から数学と英語の点数を引くことにより、計算することができます。

 

例えば、表の一番上の受験生は、

112-37-40=35

となります。

 

残りの受験生についての同様に計算すると

120-47-38=35

98-25-38=35

112-40-37=35

99-22-42=35

128-46-47=35

120-40-45=35

となります。

 

 

 

なんと、全員35点!!

 

 

 

面接点が0点であるのは、獣医学部の教授が「日本語でのコミュニケーションが著しく困難だった」と説明しているように、理由づけできます。

 

しかし、評定平均値はどうでしょう。全員が同じというのは不自然です。

 

評定平均を持っていない受験生は一律35点として扱うというようなルールを作っているようですが、募集要項などには書かれていませんでした。これはこれで不正ではないでしょうか。

 

もちろん、本当に同じという可能性もありますが。